スクールブログ

スクールブログ 2018.08.06

第4回競技対応クラス、無事終了

本日、Base Campにて競技対応クラスの4回目のレッスンが無事終了しました。

参加者はれんくん(小6)、イッシー(小6)、のんちゃん(中3)の3人。

座学は「本当の強さとは?」をテーマに、1~2年の間に成果を出したいという促成栽培的視点や、

クライミングが強くなることにのみフォーカスした限定的な視野でもなく、

子どもたちの成人後の人間性形成をも視野に収めて、

「本当の強さ」とは何か?という問題と、それを目指すことの大切さを考えてもらいました。

人間的な強さを志向する器の大きな心を持てば当然、

大会などのスポーツクライミングの場において、強さを引き出して行ってくれるはずです。

実技はルートのトライとゲーム性を持たせた長物ボルダーでのトレーニングをしました。

ユース全国大会である「JOCジュニアオリンピック」に参加するのんちゃんは

マックスパワーのエンデュランストレーニング

13cと13bのルートトライと長物ボルダーで13c、12b、12a、11cを。

れんくんとイッシーはルートで12aを、オンサイトとフラッシュで各1本ずつ。

オンサイトとフラッシュのトライ後は、取りこぼしたルートのレッドポイントや

他のルートのオンサイトトライを頑張りました

そして長物ボルダーでは、12d、12bのトライ(れんくんはさらに12aと11cも

みんな楽しみつつ実に良く登り、前回のここでの練習時より、確実に強くなっていました

ご協力くださった保護者の皆様、ありがとうございまた

IMGP4506 IMGP4509

IMGP4510 IMGP4519