スクールブログ

お知らせ 2018.07.18

7月のアウトドア「十里木ボルダー&川遊び」の申し込み状況

7月の初級アウトドア「十里木ボルダー&川遊び」の申し込み状況は…

7月22日はゼロ

7月29日にイッシー(小6)、やよいちゃん(小6)の2人です。。。

ちょっと寂しいですね

クライミングができなくなってしまったこのエリアに、

クライミングができるように交渉に行き、このアウトドアにこだわっているのはワケがあります。

手つかずの自然の川で、安全に魚と一緒に思いきり川遊びができ、

しかもクライミングまで出来る、という環境は今やなかなかない、ということと、

子ども時代にそうした自然の中にどっぷりつかり、夢中になって遊ぶ体験が、

その子の人間性をつくる原体験として非常に貴重である、と考えるからです。

私たち子どもに関わる大人は、子どもたちをきちんとした大人に育てる責務があると思いますが、

そのためには、「今」クライミングをちょっと強くするなどという

近視眼的で浅い捉え方ではとても足りません。

彼らが大人になった時どのような人間に育っていてほしいか、という

遠い先を視野にとらえてなされなければならないと思います。

そうした活動の一環として、この夏のアウトドアを何とか続けたい、と思ったわけですが。。。

また、人が登らないエリアは今後どんどん荒れていく可能性があります。

今は当クラブしかアプローチが許されていないわけで、当クラブが利用しなくなったら、

このエリアは草木が生い茂り、自然に戻って利用できなくなっていくことでしょう。

29日にどうにか2人参加してくれそうなので、せめてこの日に少しでも利用すれば、

少しはこのボルダーエリアが守られるかもしれませんけど…来年できるかどうか。。。

そして、「子ども時代」もあっという間に過ぎ去ってしまうものですよね。