スクールブログ

スクールブログ 2018.09.25

のんちゃんの中級修了レポート

今日は、今年の上半期に中級を修了して上級に上がったのんちゃんの、

中級インドアカリキュラムの最後にあたるGレベル、「自分で目標を設定して努力することができ、

自立したクライマーであると認めることができる」に対するレポートを紹介します。

これは、自分の目標をみんなに公表することで書いたことに責任を持ち、

真剣に取り組んでもらうことを狙いとしたものです。

文章のつながりなどが少し変だったりもするかもしれませんが、

「彼女自身の考え」をそのまま掲載いたしますので、大目に見てあげてくださいね

      『自分の目標』

  私の今の目標は、本国体に出場し入賞すること、終わってから良い大会だったと思えるような

 大会にすることです。この目標は小学生のときからずっとたてていたものです。

 この目標に向かってこれから何を意識し、何をするのかを「心」についてと「クライミングの

 技量」にわけて書きます。

  まず「心」についてです。「心」と「技」はとても深い関係にあるということを、FCCの座学で

 良く学びました。心を強く大きくしていかないと、クライミングの技量はあがりません。

 ではどうすれば、強く大きい「心」になるのでしょうか。

 私は、ウソをつかない、素直でいる、思いやりがある、意志が強く、何ごとからも逃げない。

 このような行動がいつでもできる人は「心」が強く、大きいと思います。私はこれらのことが

 できるように毎日努力しています。ですが、まだ自然にできるとはいえません。

 そしてこれらのことはとても難しいことです。ウソをついて自分を良く見せたいと思うことも

 あるし、勉強を後まわしにしたいと思うときもあります。このような自分を弱くする考えに勝ち、

 さきほど書いたようなことを身につけたいです。

 1月に自分の目標を決めてから、少しずつではあるけれど強くなれていると思うし、できるようにも

 なっていると思います。これからも完璧に身につけ、強くなっていけるように努力します。

  次に「クライミングの技量」についてです。私に今たりていないものはたくさんあります。

 ですがまず一番私にたりていない力についてです。それは持久力だと思います。

 リードの大会ではほかの選手よりヨレるのがはやいように感じます。なので最近は上部では

 体が動かず、落ちてしまい、いきたかったところまで行けないということがとても多いです。

 決勝に行っている選手などは上部に行ってもまだヨレていないように見えます。長い時間登り続け

 られるようになるためには、とにかくたくさん登るしかないと思います。登り込みはつらいし

 逃げたくなるけれど、逃げずにやり続ければ、力がつき登れるようになると思います。それを

 やり続けるためには最初に書いた「心」を強くしなくてはいけないと思います。

  次にボルダーについてです。私はコーディネーション系の課題やデッドが苦手です。ですが

 最近の大会では必ずでています。これらのムーブが苦手なのはあまりやっていないからです。

 やっぱり自分の得意なムーブの課題はたくさんやりますが、苦手なムーブの課題はあまりやりたく

 ないです。これからは登りこみと同じように、逃げずにたくさんやって、どんなムーブにも

 対応できるようになりたいです。

  上に書いたようなことを最後までやり切り、応援してくれる方々や、たくさん協力してくれる方々への

 感謝の気持ちを登りと結果でかえしたいです。

  最後に、FCCで上級になったら下の子たちにあこがれられるような存在になりたいです。

 私がちいさいとき、コーヘイくんやたくみん、りょーたにあこがれていたので、そういう存在に

 なりたいです。

     

のんちゃんの「自分との闘い」が伝わって来るレポートだと思います。

自分との闘いを通じて得たものこそが、「自立」においては非常に大切なんですね

そして、今の のんちゃんのような考えで競技と取り組んで行く限り、

しっかりとした「人間性」を身につけた、有用な社会人に成長してくれることと思います

のんちゃんがどんなレポートを出したのか、このブログで見るのが怖い、とお話していたのんちゃんママ、

のんちゃんは必死でもがきながらも、自分の足でしっかり立ちつつあるでしょう

スクールブログ 2018.09.23

9月の中上級アウトドア無事終了

エリアを河又から御岳に変更して実施した9月の中上級アウトドアは、本日無事に終了しました

先ずは乾きの良さそうな「すべり台」岩でアップ。

IMGP4836

そのあと、近くにある「溶けたソフトクリーム」岩に。

みんなこの岩は久しぶり。アヤちゃんは初めてかな?

IMGP4858 IMGP4864

IMGP4882 IMGP4889

お昼を食べて一休みして

IMGP4898

午後は「遊歩道岩」へ移動

みんな指先を真っ赤にして頑張っていました

IMGP4901 IMGP4923

あれ5人いるぞ(笑)

IMGP4934

今日はイッシーとアヤちゃんがスポットのテスト。

2人ともだいぶ慣れて来たけれど、イッシーは危険認知をもっと意識することと、

アヤちゃんはもう少し経験値を高めたほうが良さそうだったので、

合格までにはあともう一息かな~

ミッサも大分出来て来てるから、次回は勇気を出して受けましょうね

みんなお互いに相談し合いながら、主体的に一日を過ごせたと思いますよ

ご協力を頂いた保護者の皆様、ありがとうございました

詳細は後日『FCC日記』で

お知らせ 2018.09.22

明日の中級アウトドアは、御岳ボルダーに場所を変更します

明日の中級アウトドアは、乾きの良い「御岳ボルダー」に場所を変更して行うことにいたします。

河又は染み出しと結露の二重の心配があり、リスクが高すぎるからです。

参加申し込みがあった人は、

イッシー(小6)、れんくん(小6)、アヤちゃん(中1)、ミッサ(中1)の4人。

明日は9時半に、日当たりが良く、乾いていそうな「すべり台」岩周辺に集まってアップの後、

みんなで行きたいエリアを相談して決めてください。

持ち物は通常のアウトドアボルダーの装備ですが、岩や下地が濡れている可能性があるので

ウエスやビニールシートがあると良いでしょう

では明日、よろしくお願いいたします

お知らせ 2018.09.21

9月の中上級アウトドアについて

今週末23日(日)に予定しております9月の中級アウトドア「名栗・河又」の参加者は、

イッシー(小6)、れんくん(小6)、アヤちゃん(中1)の3人になりました。

しかしながら、このところの雨続きで染み出しの心配が。。。

加えて23日は急に気温が上昇し蒸し暑くなるとのことで、結露の心配もダブルで出てきました

でも、天気は良い

そこで 御岳ボルダーに場所を変更してレッスンを行うとも、視野に入れて検討しています

明日、なるべく早い時間で最終的な判断をしようと思いますが、

御岳ボルダーにエリア変更する可能性が高いことをご承知おき下さい。

よろしくお願いいたします

お知らせ 2018.09.19

9月の中上級アウトドア「名栗・河又」詳細

今週末23日(日)に予定しております中上級アウトドア「名栗・河又」の詳細は以下の通りです。

日にち 9月23日(日)*終了は16時くらい。16時台のバスに間に合うように下山する予定です。

場所  名栗・河又

目的  石灰岩のルートクライミング

対象  アウトドアで10a以上のルートを登っている人

集合  9月23日(日)9:35「河又名栗湖入口」バス停付近

レッスン料 クラブメンバー¥7,000 チームメンバー¥6,000(月謝に含まれる)

持ち物 通常のルートアウトドアクライミングの装備

注意  ヘルメット(帽子)、ヘッドランプ(懐中電灯)を忘れずに。

    アプローチは荷物は背負い、靴は踵の収まるもので。

    一人参加の中学生以上の人は、保険証の写しを持ってくること。

現在の申し込みは、まだイッシー一人です。

のんちゃんは本国体出場のため、ミナミちゃんは部活動のため、そしてやよいちゃんがケガのため、

残念ながら欠席である旨伺っています

ところで、河又の「大五郎」11aは是非登っておいてもらいたい好ルートで、

かつてはこのルートのレッドポイントが、二子・祠エリアの参加条件になっていました。

が、二子・祠エリアの参加条件のハードルを下げたため、

このルートを登っていなくても良いことになってしまいました

これはとても残念なことです

なので、このルートは中級修了条件のルートに追加したいと思います。

中級のみんなのファイルの「大五郎」のところに星印の追加をお願いします

これは是非、みんなに頑張って登っておいてほしいな~

今月に入って秋雨前線の活動が活発なので、岩の状態が心配ですが…

よろしくお願いいたします    

お知らせ 2018.09.16

キッズクライミングコンペ「神奈川カップ」のお知らせ

毎年恒例となりました、キッズビギナーのための大会、

キッズクライミングコンペ「神奈川カップ」(第10回)が

10月28日(日)に秦野戸川公園内の山岳スポーツセンターで、今年も開催されます

このコンペは元々、神奈川山岳連盟の山下先生(高校の先生なのです)と私の2人で始めたコンペでしたが、

何回目かからはこのコンペを卒業したFCCチームメンバーの子どもたちもお手伝いに加わるようになり、

大変ではありますが、選手としても裏方としても、子どもたちの良い学びの場となっております。

トップロープの部とリードの部と両方があり、ハーネスやシューズの貸し出しもしていますので、

クライミング経験のある子なら、誰でも参加できます。

せっかく関わりだしたクライミング。

いつもレッスンで会う子以外にも友達を作ったり、ほかの子の頑張りを見て刺激を受けたり、

悔しくて泣いたり

多様な心の動きを経験して、クライミングに本気で関わるきっかけになると良いな、と思います

ものごとは何でも、「本気」で取り組んではじめて「学び」を得られると思うので。

事務関連は山下先生がやってくださっていますが、

もう少しすると「募集要項」が出るかと思います。

ご検討くださいませ

1 / 8512345...102030...最後 »